旅行大好き akihirog

旅行好きな方へ、知って得する旅行術。楽しく格安に行く方法を紹介して行きます。

【メトロ&ぐるっとパス】 東京メトロ発行の企画乗車券はお得か

20190806213339

目      次

 

こんにちはakihiroです。

今回は東京メトロで発売している「東京メトロ24 時間券」と、東京の美術館・博物館等共通入館券「東京ミュージアムぐるっとパス2023」をセットにした企画乗車券「メトロ&ぐるっとパス」がお得なのかを調査して行きます。

 

 

東京メトロの企画乗車券「メトロ&ぐるっとパス」はお得なのか。いや是非お得なフリーパスとして利用できるコースを考えてみたいと思います。

 

【メトロ&ぐるっとパス

  値段:3,130円(こども料金設定なし)
  発売期間:2024年1月31日まで
  有効期間:2024年3月31日までで、最初の利用日より2ヶ月間

 

東京メトロの企画乗車券は利用価値が高い

1.東京メトロ24時間券の検証結果は良好だった

 

東京メトロのお得乗車券では過去記事で東京メトロが発行する1日乗車券はお得か?」の中で東京メトロ24時間券」(値段600円)をお得に使う方法を調査しました。

 

24時間券なので、改札を入った時間から、出る時間までの24時間ということになるため、日をまたいでも使用可能となります。

 

調査の結果スカイツリー浅草上野二重橋などを訪れ570円お得になりました。

 

 

f:id:sakuma-akihiro:20190806223628j:plain

 

2.お得な東京メトロ24時間券 2枚組とのセット券

 

美術館や博物館など95施設で利用出来る共通入場券・割引券「東京ミュージアムぐるっとパス2023 」とお得な東京メトロ24時間券」(2枚)をセットした「メトロ&ぐるっとパスで発売しています。

 

「東京ミュージアムぐるっとパス2023」の有効期間は最初の利用日から2ヶ月間。値段は2,500円。

 

東京メトロ24時間券」が1枚600円で2枚付き。合計3,700円のところ3,130円なので570円お得。

 

このお得なパスは、「東京ミュージアムぐるっとパス2023」が2ヶ月間の有効期間があるところの評価が大きい。

 

メトロの乗車券が2枚付いているので48時間でゆっくり鑑賞することが出来ます。周りきれなければ、またフリー乗車券など購入して利用すればいいですし。

 

興味ある施設めぐりで購入金額を上回ろう

1.お得に周れるおすすめコースを考える

 

さて、このセットになったフリーパス、お得にめぐるコースを考えて見たいと思います。

 

すでに570円お得になっているから、いいではないかと思われるかもしれませんが、割引後の金額が3,130円なので、この金額を下回らないよう、地下鉄乗車と施設での入館料の特典を最大限利用したい。

 

施設の利用可能なエリアには「上野周辺」「東京皇居周辺」「墨田・深川・臨海」エリアなど都内6つのエリア94の施設で利用できる。

 

f:id:sakuma-akihiro:20190807215935j:plain

 

神奈川・埼玉・千葉の3つのエリア、7施設を加えた95施設の美術館・博物館・資料館などの入館券や割引券が付いたお得なチケット。スマホやパソコンからチケットを購入でき、発行されたQRコードを使って電子チケットとしても利用できる。

 

使える施設については「東京ミュージアムぐるっとパス2023」のサイト内の展覧会情報で確認出来ます。

 

2.無料入場券は1,000円以下 割引券は200円前後が中心

 

【主な利用施設と施設特典金額】
◆美術館・博物館:上野周辺エリアで人気の美術館、博物館が割引券で100円引。
すみだ北斎美術館常設展入場、相田みつを美術館企画展入場。
◆動物・魚:上野動物園入場、多摩動物公園入場、葛西臨海水族園入場。

◆歴史:新宿歴史博物館入場、昭和館入場、深川江戸資料館入場、江戸東京たてもの園入場。
◆植物:夢の島熱帯植物園入場
◆鉄道:地下鉄博物館入場

※入場の表記は入場券で利用できます。

f:id:sakuma-akihiro:20190807213515j:plain

 


割引券の割引料金は100円、200円が中心。入場料の無料金額は1,000円以内といったところでしょうか。

 

この企画乗車券は2枚組となっていますが、地方から東京見学に来た時には、短期間で利用して、観光地巡りをするという想定だと思います。

 

1枚が24時間利用出来るので、2枚を東京に到着して、帰るまでの滞在時間48時間を、3日間にわたって使用出来ます。

 

例:1日目10時開始 2日目1枚目の24時間券10時終了。最寄駅の施設見学。 2日目2枚目の24時間券14時開始 3日目2枚目の24時間券14時終了。

 

「東京ミュージアムぐるっとパス2023」の値段は3,130円で2回に分けると1回分が1,565円。24時間券を上手く使い3日間にわたって利用すれば1回の観光で1,050円ほどになります。効果的に周りお得に観光地巡りをしたい。

 

3.都バス発行の特典付き1日乗車券に勝るか!

 

過去記事で都バスが発行する「特典付き1日乗車券」を検証しましたが、500円という価格に割引券やプレゼントももらえる特典付きで、とてもお得なフリーパスがありました。

 

今回はこれを上回る施設めぐりはどう周ればお得になるかを考えて見ます。出発駅はわたしが住んでいるいちばん近い地下鉄の駅、北千住駅にします。そこで3日間のコースを計画してみます。

 

日比谷線すれ違い動画です。

 

 

モデルコースでおすすめ施設めぐり

1.ファミリーで楽しむコース

f:id:sakuma-akihiro:20190807215508j:plain

 

3,130円のきっぷなので、1日の基本料金1,050円を想定した名所巡りを3日間のコースで計画してみました。

 

【モデルコース①】

北千住駅
   ⬇︎  通常運賃180円
上野駅 上野動物園 600円無料
割引

   ⬇︎ 国立西洋美術館・科学博物館 各100円割引

 ⬇︎  通常運賃 260円
葛西駅  地下鉄博物館 220円無料

   ⬇︎   葛西臨海水族園 700円無料

   ⬇︎   通常運賃 260円
北千住駅 

 

移動が少ないので交通費が700円と少ないが、入園料が全て無料で1,520円分無料と割引分が200円。

合計で2,420円なので1日あたり1,370円お得。

 

2.あちこちめぐる欲張りコース

 

f:id:sakuma-akihiro:20190807213125j:plain

 

【モデルコース②】

北千住駅

    ⬇︎ 人形町乗換)通常運賃210円
清澄白河駅      深川江戸資料館400円無料
    ⬇︎ 通常運賃 180円
新橋駅 浜離宮恩賜庭園300円無料

    ⬇︎  通常運賃180年円
九段下駅     昭和館 400円無料 科学技術館950円無料
    ⬇︎  (永田町乗換え)通常運賃 180円
新宿西口駅   東京オペラシティアートギャラリー 1,400円無料 
    ⬇︎  
通常運賃 260円
北千住駅


メトロ合計の運賃が1,010円。入館料の通常料金は3,050
円。これが全て無料。

 合計4,060円で1日換算での3,010円もお得。

 

3.美術館・博物館をめぐるコース

 

 

【モデルコース③】

 

北千住駅
    ⬇︎ 通常運賃 210円
日比谷駅   相田みつを美術館 1,000円無料
    ⬇︎ 通常運賃 210円
東池袋駅   古代オリエント博物館 600円無料
    ⬇︎ 通常運賃 260円
北千住駅

 

交通費が670円。入館料無料の通常料金と含め1,600円で合計2,270円。

通常料金よりも1,220円お得。

 

3日間で上手に回れば5,660円もお得に利用できる。1日5カ所も入館すればかなりお得になります。地方から東京にきた観光客なら結構効率的に回れると思います。

4.エリアごとに見たい施設を絞って周ろう

しかし、あまり移動時間が長く、あちこち欲張って入館すると、じっくりと見学する時間がなくなります。

 

元を取ろうと思い、無理なコースを周ると見る時間が少なく、返って楽しめず損した気分になりかねないです。3日間に分けて行くのでしたら、興味のある施設を絞ってエリア別に分けてじっくり見て行った方がいいかもしれませんね。

 

17時で閉館の施設も多いので、開館時間を確認の上コースを考えた方がいいです。

 

それにしても中々面白い企画乗車券です。101施設を2ヶ月間で使えば良いので、ほ3回目からは東京メトロ24時間券」を購入して利用すれば、600円で回ることが出来ますね。

 

東京メトロがないエリアで埼玉・神奈川・千葉の施設にも行ってみましょう。

 

 

 


物価上昇が止まらない。アレも値上げコレも値上げ。

 

(`・ω・)🍺q

ドサクサに紛れて第3のビールまで値上げしやがって!

 

          (・o・*⁠)

酒代がかかってるけど 所得は値上げしないのねえ〜

 

 v(#・∀・)🥃q うるせい

酒税の納税なら負けねえよ

 

酒税の個人納税番付があれば間違いなく上位だ!