旅行大好き akihirog

旅行好きな方へ、知って得する旅行術。楽しく格安に行く方法を紹介して行きます。

「ゆったり会津 東武フリーパス」で鬼怒川・会津ローカル鉄道の旅

f:id:sakuma-akihiro:20200312221701j:plain

HIS

 目  次

 

こんにちはakihiroです。

今回は東武鉄道で発行しているお得きっぷ「ゆったり会津 東武フリーパス」を利用して鬼怒川温泉会津地方へのおすすめ旅です。

 

 

ゆったり会津東武フリーパスの詳細情報です。

 

 

首都圏〜喜多方往復11,700円の鉄道旅行

1.東武鉄道ならではの長距離フリーパス

 

これまでに東武鉄道を利用したお得きっぷはいくつか紹介しましたが、今までは日光、鬼怒川を中心とした栃木県や群馬県の観光地でした。今回紹介する「ゆったり会津東武フリーパス」は、会津若松や喜多方までのエリアが入ったフリーきっぷです。

 

浅草駅―喜多方駅間の鉄道距離は252.4キロという、私鉄が発行するフリーきっぷでは長距離路線。1日で乗り継いでいくと5時間半ほどかかりますが、有効期間4日間という余裕のある日数なので、途中下車で観光しながらローカル線の旅が楽しめます。フリー区間下今市駅東武日光会津田島駅間・芦ノ牧温泉駅間・喜多方駅間の3種類発行されています。

 



2.キップの概要

・有効期間4日間

・発駅〜下今市間往復乗車券

・フリー区間乗車券

 下今市駅東武日光駅会津田島駅

 下今市駅東武日光駅芦ノ牧温泉駅

 下今市駅東武日光駅喜多方駅

 

 

発駅によって発売金額に変動があります。以下北千住駅からの金額を表記します

 

北千住駅会津田島駅 5,620円

(片道通常運賃3,110円)

 北千住駅芦ノ牧温泉駅 6,620円

(片道通常運賃4,130円)

 北千住駅喜多方駅 7,110円

(片道通常運賃4,720円)

 

北千住駅喜多方駅間は7,110円ですが、通常の往復運賃が9,460円なので2,350円お得。フリー区間を利用すればするほどお得ということになります。ちなみにJR線の上野駅喜多方駅間の往復運賃は11,000円なので4,000円近く割安です。

 

3.さらにうれしい特典付き

指定の協力店でフリーパス提示で割引特典が受けられる施設です。

 

会津若松地区

喜多方地区

磐梯地区

  • グランデコリゾート裏磐梯ロープウェイ
  • 磐梯山噴火記念館(3Dワールド)

 

 

いつでも24時間欲しいものが買える

 

 

日光・鬼怒川・会津4日間おすすめモデルコース

1.観光列車で旅行気分 茅葺き屋根の故郷へ

 

やはり鬼怒川温泉駅までは「新特急スペーシアX」に乗りたい。しかしスペーシアXは残念だが浅草発14時00分のスペーシアX7号以外は、東武日光行きだ。湯野上温泉会津方面に向かうなら特急リバティの方が便利なので、今回往路は特急リバティ乗車というスケジュールを組みたい。

 

 

指定席特急料金は1,650円。鬼怒川温泉駅から、優等列車用の車内設備を備えた気動車AIZUマウントエクスプレス」に乗換え湯野上温泉に行きます。

 

 

【1日目】

北千住駅7:43発

➡︎ 特急リバティきぬ 指定席特急券1,650円

鬼怒川温泉駅9:35着 

鬼怒川温泉駅9:37発

➡︎ AIZUマウントエクスプレス

湯野上温泉駅11:15着

 

 

f:id:sakuma-akihiro:20200312231537j:plain


茅葺き屋根の駅舎、湯野上温泉駅から車で10分ほどの場所にある、茅葺き屋根の民家が軒を連ねる大内宿で街並み散策。レトロな建物は江戸時代にタイムスリップしたようです。ここで名物のねぎそばを食べたい。

f:id:sakuma-akihiro:20200312232517j:plain

 

f:id:sakuma-akihiro:20200312233102j:plain

 

大内宿は下野街道の宿場町として栄え、当時のままで茅葺屋根の民家が並びます。国の重要伝統的建造物保存地区に選定され、住民もここで生活し景観の維持保全をしています。

塔のへつりは大川羽鳥県立公園にあり、大川ライン最大のの景勝地。100万年の歳月をかけて浸食と風化を繰り返しながらできた景勝地です。国の天然記念物に指定されています。ちなみに「へつり」というのは、方言で危険な崖という意味です。

 

 

湯野上温泉周辺の情報はこちら

 


湯野上温泉駅13:29発
➡︎ 会津鉄道

会津田島駅13:59着

会津田島駅15:00発

➡︎ 野岩鉄道会津鬼怒川線

会津高原尾瀬口駅15:17着

 

2.大自然に包まれた尾瀬檜枝岐温泉に宿泊

 

会津高原尾瀬口駅からバス・タクシーで檜枝岐温泉会津高原尾瀬口駅会津高原たかつえ檜枝岐温泉尾瀬沼山峠などの玄関口駅です。日本を代表する大自然尾瀬は美しい渓谷に囲まれ、豊富な湯量と泉質の良い尾瀬檜枝岐温泉にはバスで1時間ちょっとです。大自然に包まれた癒しの宿に泊まりましょう。

f:id:sakuma-akihiro:20200313123109j:plain


 尾瀬檜枝岐温泉の観光情報はこちら

 

 

【2日目】

翌日歴史や豊かな自然など檜枝岐の見どころを散策。登山やハイキングなど1日尾瀬散策もいいですね。今回はひとまず午前中檜枝岐の見どころ散策をして、出発檜枝岐村温泉からバス・タクシーで会津高原尾瀬口駅

 

3.蔵の街喜多方で地酒を堪能 締めはラーメン

 

会津高原尾瀬口駅13:53発

➡︎ 会津鉄道特急リバティ指定席券310円

会津田島駅14:09着

会津田島駅14:24発

➡︎ 会津鉄道

会津若松駅15:25着

会津若松駅16:39発

➡︎ JR磐越西線

喜多方駅17:02着

 

蔵の街喜多方に宿泊し、喜多方の地酒や郷土料理を食べに街に繰り出したい。締めはもちろん喜多方ラーメンですね。喜多方ラーメンは日本三大ラーメンのひとつ。

 

f:id:sakuma-akihiro:20190611223410j:plain

 

喜多方市には熱塩温泉という、名前の通り熱くてしょっぱい温泉があります。歴史のある温泉で、平安初期空海上人によって五峯山慈眼寺として開山後、1375年に源翁禅師が廃墟のような寺を改修して護法山示現寺として再建した際に熱塩温泉を開湯したと言われています。

 

 

婦人病や慢性皮膚炎のほか、子宝の湯として知られている。

 

【3日目】

 

喜多方は観光せず鶴ヶ城や、会津武家屋敷など数多くの歴史的建造物や史跡がある会津若松で市内観光。白虎隊や新撰組ゆかりの地で歴史好きにはたまらない歴史遺産巡り。レトロな街並み散策を楽しみたい。

 

f:id:sakuma-akihiro:20190611222357j:plain

 

f:id:sakuma-akihiro:20200313114929j:plain

 

会津若松鶴ヶ城が有名ですが、市内から少し外れた一角に薬師如来を本尊とする5つの寺院があり、健康を祈願する会津5薬師巡りといった歴史的名所もあります。

中央薬師 勝常寺薬師堂[湯川村]

東方薬師 薬師堂[磐梯町]

北方薬師 北山薬師堂[北塩原村]

西方薬師 上宇内薬師[会津坂下町]

南方薬師 野寺薬師堂[会津若松市]

 

 

 

喜多方駅8:31発

➡︎ JR磐越西線

会津若松駅8:47着

 

会津若松の観光情報はこちら

 

4.会津若松観光後一路鬼怒川へ

 

会津若松を半日観光し、午後の快速列車で龍王へ。美しい景勝地龍王散策をします。

 

会津若松駅12:50発

➡︎会津鉄道

会津田島駅13:59着

会津田島駅15:00発

会津鉄道特急リバティ指定席券690円

龍王峡駅15:52着

 

f:id:sakuma-akihiro:20190608152817j:plain

 

散策後、宿泊はやっぱり東武鉄道なら定番の鬼怒川温泉に宿泊したいですね。バブル後倒産が相次ぎ廃墟化したホテルが多くサビれた姿が物悲しいですが、元々高級ホテルが今では格安に宿泊できる。周辺観光地に行くのも便利です。

f:id:sakuma-akihiro:20191003105848j:plain

 

 

龍王峡駅16:32発

➡︎野岩鉄道会津鬼怒川線

新藤原駅16:34着

新藤原駅17:00発

➡︎東武鬼怒川線

鬼怒川温泉駅17:08着

 

5.東武鉄道旅の定番、日光・鬼怒川の観光名所巡り

 

最終日は日光江戸村東武ワールドスクエアなどのテーマパークで楽しむ。あるいは日光まで行き華厳の滝中禅寺湖など自然満喫をしたり、日光東照宮など歴史的建造物拝観などするのも良いですね。

f:id:sakuma-akihiro:20191002114541j:plain

f:id:sakuma-akihiro:20191003110144j:plain

f:id:sakuma-akihiro:20190508094658j:plain

 

やはり最後は特急スペーシアXに乗りたい。4日目に日光を観光するなら、前日入りして朝から周った方が楽だろうから、新藤原から東武日光駅に直行するのがおすすめ。 

 

6.旅の終わりはスペーシアで帰京

 

もし3日目に東武日光駅まで行くコースを選択するなら新藤原駅からの乗継は下記のようになります。

 

新藤原駅17:00発

➡︎東武鬼怒川線

下今市駅17:08着

下今市駅17:36発

➡︎東武日光線

東武日光駅17:45着

 

 

【4日目】

 

日光東照宮など世界遺産巡り又は中禅寺、華厳の滝散策など観光地巡り。帰りは東武日光駅からスペーシアXに乗車だ。

 

東武日光駅15:43発

➡︎特急スペーシアX指定席特急券 1,940円

北千住駅17:21着 

 

 

また東武ワールドスクエア日光江戸村を見学するなら、帰りは下今市駅からスペーシアXに乗ることができる。

 

 

下今市駅15:51発

➡︎特急スペーシアX指定席特急券 1,940円

北千住駅17:21着 

 

 

日光または鬼怒川・尾瀬会津地方を4日間で巡る旅はちょっと忙しそうですが、見どころのある観光地を回ることができます。

 

交通費は「ゆったり会津東武フリーパス喜多方」が7,110円。特急リバティとスペーシアX他の往復指定席特急券が4,590円なので11,700円。この価格で名所が盛りだくさんを巡る鉄道旅行ができます。4日間あるのでいろいろなコースのプランがつくれると思います。オリジナルコースを計画してお出かけ下さい。

 

日光・鬼怒川の観光情報はこちら

 

 

紅葉の見頃が最盛期

 

以前にも話したが、春は梅や桜が満開になると場所取りなどをして、多くの人たちが酒を飲み花見をしている。町の公園でも桜が咲いていれば花見をしている。紅葉もシーズンになると多くの見物客で混雑するが、もみじやイチョウの木の下でもみじ酒をしないのは何故だろう。不思議だ。

 

そこで、もみじ見をしながら酒を飲むという体験をしようと、もみじ酒を企画した。

 

メンバーはぼっち会の乗り鉄ラー部の仲間だ。ちなみにぼっち会はこの他にスローランニング部、読書倶楽部があり、複数の部に所属することが可能だ。釣り部というのもあったがこのメンバー達、わたしの苦手なゴルフに入り浸っているため現在は休部中だ。

 

もみじ見に参加するのはわたしを含め次の3人。

( • ̀ω•́ ) IT関連の仕事をしている山ちゃん

キリッとした顔つきに反して鉄道好きギャップがすごい

(´~(`) フリーターで小太りのてっちゃん

単純に名前が哲雄だから 外見は完全に鉄ちゃんだが

(◎_◎) 鉄道線路の保守作業員の翼くん

名前と裏腹に鉄道ライフ レールに敷かれた人生らしい

 

             ( ̄∀ ̄[]

 ほんじゃ次の土曜日 場所は岩槻城址公園で

 

 

☁️       ☀️      ☁️       ☁️

 

🌳🍁🌲🍁🌳🍁🌲

 

(  • ̀ω・ )ノ🥃(* ̄0 ̄)🍻ヽ (´~(`🍺(◎_◎ ) 

カンパーイ!

 

( • ̀ω•́ )

しかしもみじ酒してるグループっていないですね

 (◎-◎)クイっ

枝の露出が目立って枯葉がぶら下がってる感じがしますです

( ´–`)

紅葉の木って近くで見るとあまりキレイじゃないね

 

 

(。・Д・)うーむ近くで見るとただの枯れ木にしか見えん

やはり遠くから観賞してこそ紅葉がひきたつのか

 

 

☁️       ☀️      ☁️       ☁️

 

🌳🍁🌲🍁🌳🍁🌲

 

ビュウ〜〜〜 🍂カラカラ

(  • ̀ω・ )(´-ω-)  なんか寒いね

コップの中にもみじが🥃(◎_◎ ) 

 

 桜の花びらなら風情があっていいけどもみじじゃねえ(´~(`)

 もみじについてた砂ぼこりまで入ってます🥃(◎_) クイっ

 

(´-ω-`) あまりもみじ見は盛り上がらないね

 

 

やはり紅葉は列車の中の車窓から見るものだ

(   • ̀ω・)(* ̄0 ̄)ヽ (´~(`(◎_◎ ) おーッ!

鉄ラーは鉄ラーらしく列車に乗って紅葉を楽しもう

 

 

 

車窓から見ていた鉄ラー4人組の列車は岩槻城址公園に展示されている東武特急列車の「きぬ」1720系だ。

 

 

列車内に入れる公開日は土曜・日曜・祝日・8月の毎日など期間が決められています。尚、列車内での飲食は禁止です。こうしてあやしい4人組は目的が達成して感無量だった。

 

 

やっぱり紅葉は走ってる列車の車窓から見たほうがいいね。